歯周病治療
Periodontal Disease

ホーム»  歯周病治療

歯ぐきが腫れる、血が出る…歯周病で歯を失わないために
「歯ぐきが赤く腫れている」「歯をみがくと血が出る」などといった症状はありませんか?

歯周病で歯を失わないために

「歯ぐきが赤く腫れている」「歯をみがくと血が出る」などといった症状はありませんか? これらは、歯周病によくある症状です。歯周病は、お口の中の歯周病菌が歯ぐきに炎症を起こし、次第に歯を支える歯ぐきや顎の骨を溶かしてしまう病気。進行とともに歯はグラつきを増し、それを放っておくと最終的には抜け落ちてしまいます。

実は、日本人が歯を失う原因の第1位は、むし歯ではなく歯周病。歯周病で大切な歯を失ってしまわないために、歯周病のことをよく知り、適切な対処をとっていきましょう。

ちゅうせいでんかいすい
中性電解水とは

食塩水を分解した時に出る水のこと。
通常の水と比較し、次亜塩素酸の強い酸化力と残留塩素の作用を持つため、
感染予防効果が期待できます。

でも…「安全な水」って歯医者さんなら当たり前じゃないの?

実は、当たり前ではないんです。
治療に水道水を用いる歯科医院さんも多くありますが、
配管内にたまった水道水は細菌が繁殖しやすく、
せっかく治療しているのにも関わらず、大量の細菌にさらされてしまうことがあります。
ご高齢の患者様や免疫機能の低下した方ですと、発熱や体調不良に繋がってしまうようです。

当院では安心・安全な中性電解水をあらゆる場所で使用しています。

歯周病と全身疾患

歯周病は、実はお口の中への影響だけで留まる病気ではありません。近年では全身疾患との深い関係性が注目されています。

肺炎 歯周病菌が気管を通って肺に入ると、炎症を起こして肺炎を引き起こすことがあります。
心臓病 歯周病菌が血管に入り込むと血栓ができやすくなり、動脈硬化や心筋梗塞、狭心症などを引き起こすことがあります。
糖尿病 糖尿病と歯周病はとても深い関係にあり、それぞれの症状を引き起こしたり、悪化させたりすることがあります。
早産・低体重児出産 妊婦さんが歯周病にかかると胎児の成長に影響を与え、早産や低体重児出産を引き起こす確率を上げてしまうと言われています。

全身の健康、ひいては命にも大きく関わる歯周病。ご自身のために、歯周病の予防や早期治療に努めましょう。

歯周病の進行段階

進行段階 症状
歯肉炎
歯ぐきに炎症が起きている状態。
ブラッシングの際などに出血しやすくなります。
歯周ポケット(歯と歯ぐきの境目の溝)の深さは、3mm程度です。
軽度歯周炎
顎の骨が溶けはじめた状態。
歯ぐきが腫れ、ブラッシングの際に出血が見られるだけでなく、冷たい水がしみたり、口臭が出たりします。
歯周ポケットの深さは、4mm程度です。
中等度歯周炎
顎の骨が半分くらい溶けた状態。
歯を指で押すとグラつきます。歯ぐきの腫れや出血に加え、歯が浮くような感じがしたり、口臭が強くなったりします。
歯周ポケットの深さは、6mm程度です。
重度歯周炎
顎の骨の3分の2以上が溶けた状態。
歯のグラつきがひどくなります。歯ぐきが下がり歯根が露出し歯が長く見えたり、歯と歯ぐきの境目から膿が出て口臭がよりきつくなったりします。
この状態を放置すると、最悪の場合、歯が抜け落ちます。
歯周ポケットの深さは、8mm程度と非常に深くなります。

歯周病の検査

歯周ポケット検査
「プローブ」というものさし状の器具を用いて、歯と歯ぐきの間の溝(歯周ポケット)の深さを調べます。
深ければ深いほど、歯周病が進行しています。
歯の揺度検査 ピンセット状の器具で歯をつまんで動かし、グラつき度合いを調べます。
グラつきが大きいほど、歯周病が進行しています。
レントゲン検査
顎の骨の状態をレントゲン撮影にて調べます。
骨密度が低いほど、歯周病が進行しています。
細菌検査
歯周病菌に関連する細菌は複数あるため、お口の中の細菌を調べ、一人ひとり異なる歯周病へのリスクを調べます。
この結果をもとに、治療法や予防プログラムを立てていきます。

歯周病の治療

スケーリング 比較的軽度な症状の歯周病に対して行います。
「スケーラー」という器具を使って普段の歯みがきでは取り除けない、歯に付着したプラークや歯石を除去します。
ルートプレーニング スケーリングで除去しきれなかった、歯周ポケット奥深くにこびりついたプラークや歯石を「キュレット」という器具を用いて除去します。
同時に、スケーリング後のザラついた歯面をなめらかに仕上げることで、汚れの再付着を防ぎます。
歯周ポケット掻爬(そうは)術 軽度~中等度の歯周炎に対して行う外科的処置です。
局所麻酔を行って歯周ポケット内のプラークや歯石、膿、感染した組織を除去します。
フラップ手術 中等度以上の進行した歯周炎に対して行う外科的処置です。
局所麻酔をした後に歯ぐきを切開して顎の骨からはがし、露出した歯根に付着しているプラークや歯石を除去します。また、感染した組織も取り除きます。
高周波治療 当院では歯周病治療に高周波治療器を使用しています。治療は次の手順で行います。
 
  1. 歯周ポケット内に「ペリオチップ」という電極を取りつけます。
  2. 高周波電流を流します。
  3. これによって、歯肉内部を消毒・殺菌します。

歯周病は、むし歯と同じく原因がはっきりしているため、予防が可能な病気です。
当院では歯周病治療はもちろん、あらかじめ歯周病の発症および再発を防ぐ「予防」にも力を入れています。
お口の健康を維持するために、一度予防歯科にご来院ください。

Pick up menu

削らないから、痛みが少ない。ドックベストセメント バネがないから、笑顔が自然。スマイルデンチャー 咬めない入れ歯はさようなら!入れ歯外来
  • 一般歯科
  • 根管治療
  • 歯周病治療
  • 予防歯科
  • 審美歯科・ホワイトニング
  • インプラント

診療カレンダー